お金を貯めて風俗旅行

女の子もまた、同じなんです

どんなサービスが待っているのかは、結局の所女の子次第な面もあるんですよね。なぜなら、女の子の体調とかコンディション、そしてモチベーション。それらによってもまた、全然違うものになってくるのは間違いないんですよ。それに、風俗嬢として働いているからと言って女の子に急にテクニックが降臨するとか、人見知りが直るってこともないんです。相手もまた、生身の人間なので人それぞれの個性を持っているんです。そこをどう考えるのかですよね。いつも思うのは、風俗嬢とはいわばコミュニケーションだなと。コミュニケーションの延長線上に発射と言う快楽の絶頂があるのであって、そこを疎かにしてしまったらさすがに女の子だってどうすれば良いのか分からなかったり、困ってしまう部分が出てくるのも当然なんじゃないかなって思うんですよ。むしろそれらをしっかりと考慮しなければならないというか、考慮してこそ風俗嬢との距離も縮まると思うので、気を付けています。

大人しい子にそそられて分かった

それまで意識したことはありませんでしたけど、風俗は大人しい子が良いのかなと。前回はとっても大人しい雰囲気の子だったんですよ。物凄いそそられたんです。きっとイマジネーションなんでしょうね。遊んでそうな風俗嬢の場合、何をされてもギャップがないじゃないですか。でも大人しい風俗嬢だと、普段はそんなことをしていないであろう女の子が自分のために頑張ってくれているんだなって思うと、頭の中でいろいろな思いが錯綜するんですよ(笑)まさにイマジネーションというか、それによって自分自身、更に興奮が高まるんですよね。だから派手な雰囲気の女の子よりも、大人しそうな雰囲気の方が良いのかなって。実際にどうなのかなんて知りません。でも大人しそうな雰囲気を演出してくれるだけで男は勝手に勘違いして興奮するようになってくるんです。そう考えたら、何だかんだで大人しい雰囲気の女の子の方が自分には合っているんじゃないかなって思ったんですよね。